「鳥」をテーマにEU諸国共通切手
Trois hirondelles bleu blanc rouge, symbole de l’humain et de la liberté

1965年より、EU加盟国の郵便局は、統合や協力の意思の象徴として共通のデザインテーマに沿った「EUROPA 切手」を発行しています。2019年は、加盟諸国の52の郵便局が「鳥」をテーマとした切手を発行します。フランス郵便(PHIL@POSTE)では日本人のグラフィック・デザイナー、岡達也(exprime inc. / JAGDA 日本グラフィックデザイナー協会 会員)の作品をデザインに起用しました。
岡達也によれば、本作品は他国の切手と並んだ時にひと目で「フランス」とわかるようにフランスの国旗(トリコロール)をベースにデザインしたということです。
身近な鳥であるツバメは生活圏が人間と近く、人間との共存の象徴です。また、自由に楽しく飛び回るツバメたちは自由のシンボルともいえ、フランス郵便のシンボルマークとも類似性があるという理由で用いました。
発売日の5月を意識し、春の終わりや夏の始まりの太陽の眩しさやツバメたちのエネルギーと生命力いっぱいの飛行を表現しています。
ワイドサイズの切手はその特徴を利用し、広がり続ける空間を想起させます。
本作品は、2019年05月10日よりスタートする「EUROPA 切手」コンペにも参加します。
日本の伝統文化である折り紙からインスピレーションを受けて作られた作品は、
フランス初の「ヨーロッパ切手賞」(Post Europ)での受賞が期待されています。

記念押印用スタンプやLa Poste から記念に発売されるDocument philateliqueも岡のデザインです。
 
どなたでも参加できるオンライン投票は2019/5/9から9/9まで行いました。
 
■プレスリリース Press Release
日本語版(PDF 1.4MB)
français (PDF 1.4MB)


Le timbre de La Poste française représentant phil@poste dans l’édition EUROPA 2019 a été crée par l’artiste Japonais Tatsuya OKA.

Mis en vente le 10 Mai 2019, le timbre aux hirondelles a participé au concours pour le plus beau timbre d’ europe 2019. Une première pour un artiste japonais et pour La Poste française.
Afin de pouvoir identifier le timbre comme France dans la série Europa au 1er coup d’oeil puisque le thème général (les oiseaux) ne permet pas vraiment une identification du pays, Tatsuya OKA a porté son choix sur une composition au thème tricolore. 
L’ humain étant au centre de la réflexion européenne, il a identifié l’ hirondelle, espèce qui vit proche de nous, et parce qu’elles lui ont semblé un symbole de liberté, volant selon leur bon vouloir sans ce soucier des frontières.

Le timbre mis en vente en Mai 2019, il évoquera aussi la venue des beaux jours d’été et des hirondelles par la représentation symbolique des éclats de soleil de fin de printemps, des vols pleins de vie et d’énergie des hirondelles. 

Tatsuya Oka y trouve aussi un rappel éloigné à l’ oiseau postal Français.
https://fr.wikipedia.org/wiki/Oiseau_postal/
L’artiste choisit d’ interpréter la surface panoramique du timbre pour évoquer les grands espaces, les lignes de son oeuvre ne sont pas limitées par une coupure de rebord, elles se poursuivent au-delà du timbre dans l’imaginaire de chacun et ce sont pas trois
oiseaux mais une multitude d’hirondelles qu’ il évoque.
Enfin, il a choisit le style graphique inspiré des origamis, forme d’ art traditionnel japonais ancestral.