エスタンプ・ヌーメリックの可能性を追求する浴衣のテキスタイルデザイン estampe numerique “Yukata”(2003,2005)

岡達也・ゴトウヒロシ二人展「呉服 なか志まや」(2003年)

エスタンプ・ヌーメリックの可能性を追求するaiD’en作家の岡達也・ゴトウヒロシが「浴衣地」のテキスタイルデザインに挑戦します!
普段は広告、ブックデザインの分野で活躍する二人が、ギャラリーに設けられた仮想の呉服屋「なか志まや」にてコンピュータグラフィックによるデザイン創作ゆかたを展示します。不慣れな分野での制作に悪戦苦闘しながらも、従来の浴衣デザインにはない斬新な柄のゆかたを完成させました。仕立てられた浴衣や反物のほか、大型ディスプレイにてイメージムービーを上映する立体的な展示会です。

岡達也・ゴトウヒロシ二人展「呉服 なか志まや」 2003年 神楽坂アユミギャラリー(東京都新宿区)

後援:日仏経済交流会パリクラブ
協力:静岡パイオニア株式会社、RUMIX DESIGN STUDIO、株式会社フロント
※表記されている社名・団体名等は、開催当時のものです。


呉服なか志まや(2005年)

祇園祭の三日間限定で、京の町家に今までになかった斬新な呉服屋が出現します!
2003 年に開催したグラフィックデザイナー岡達也・ゴトウヒロシによるオリジナル浴衣の展示会に続き、 今回は、京都の町家を借り切り、羽裏・襦袢のプロデュースと和装小物等のセレクトを通じて、 モダンな和の空間を演出いたします。斬新でモダン、或いは現代の春画を思わせるエロチシズムを写し込んだ襦袢や羽裏、そして帯留め・帯・浴衣・帽子・バッグ等 真矢セレクトの粋な小物たちが、京の町家を艶やかに彩ります。 そして、パリジェンヌ真矢の感性と日本有数の仕立屋『一衣舎』の一流の職人芸とのコラボレ ーションにより、細部にこだわった「肌襦袢」のプロトタイプが登場いたします。

「呉服なか志まや」 2005年 町屋「筋屋町」(京都市下京区)

主催:「呉服なか志まや」仮想呉服屋実行委員会
produce by マニグリエ真矢
出展者:岡 達也、ゴトウヒロシ、一衣舎、Kaos、Cabour、月影屋、なか志まや、屋屋、Rumix Design Studio 
後援: aiD’en( NPO 国際エスタンプ・ヌーメリック協会)、日仏経済交流会パリクラブ
協力:(有)センス、(有)エクスプリム、(有)ハイ制作室、Rumix Design Studio、(有)アクション、(株)Too、銭屋、(株)福光屋、アトリエ晃
※表記されている社名・団体名等は、開催当時のものです。